法律入門の書籍紹介では、法律の入門書と六法を紹介ししています。

法律入門の書籍紹介
 法律勉強の入門としては、まず法学概論等の入門書を読むのが一般的ですが、管理人の福耳タコとしては、公法の代表格である憲法か、司法の代表格である民法の入門書から読むのも良いのではないかと思いますよ。

 まづ、憲法や民法を通じて具体的な判例にふれた方が法律に対して親しみやすくなるのではないでしょうか。

 その後で、概論と言われる本を読むのも1つの手ですよ。

 また、法律の本を読む時は、常に六法で条文を確認しながら読んだ方が、面倒なようでも理解が早いと思います。

 なお、六法については、六法の書籍紹介をご覧ください。



  法学入門
民法案内T
私法の道しるべ
我妻榮著



☆おすすめ

 この本は、本来、民法の入門書に入るかもしれませんが、私法の学び方や基本原理が大変わかりやすく解説されております。

 また、形式も、講義で話しかけるような形式で書かれているので法律を初めて学ぶ人にもわかりやすく読み進めていけます。

 一方、ある程度、法律の勉強が進んだ人にも、私法を見直すためにもお勧めです。



伊藤真の法学入門 講義再現版
伊藤真著




法とは何か、法律学の学び方など初学者から資格試験受験者まで、わかりやすく的を得た教え方で抜群の評価を受ける伊藤真先生が送る確実に法学の核心が理解できる入門書の決定版です。

とにかく、解りやすい文章で書かれていますので、初めて法律を学ぶ方に向いている本です。
現代法学入門
有斐閣双書




法学初心者でもわかりやすく解説されており、これから法律の勉強を始めようとする方にお勧めです。
法学入門
有斐閣双書




コンパクトにまとめられた法律の入門書です。これから、法律の勉強を始めようとする方に向いています。
  憲法の入門書
伊藤真の憲法入門




 伊藤真先生の講義を再現したものであり、初心者にも憲法がわかりやすく解説されている本です。
憲法入門
有斐閣双書




コンパクトにまとめられており読みやすい本です。この本は、これから憲法を学ぼうとする方だけでなく、一通り憲法を勉強した方にもお勧めな本です。
  民法の入門書
民法入門第7版
有斐閣



民法入門
 川井健著


 民法入門は、1冊で民法の全領域をカバーしたテキストであり、平易な記述で民法の体系に沿って解説し,各項目のつながりがわかるよう参照ページを示して民法の全体像を立体的に把握できるようまとめられている本です。

 一般法人法・公益法人法の制定などを織り込み,最新の判例の動きについて補筆されております。


民法入門
有斐閣双書




 条文が膨大にある民法が、コンパクトにまとめられており、民法の全体像がやさしくつかめるように解説されている本です。
 これから、民法の勉強を始めようとする方だけでなく、一通り民法の勉強をなさった方にもお勧めです。


 当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品をご紹介させていただいております。

アファリエイトプログラムについての詳細はこちらです。
好奇心の窓
(トップページ)
資格試験の窓
アイラブフィッシング
(釣り入門)
雑学の窓
本、DVD、CDとビデオの窓
趣味の窓
サブカルチャーの窓
男の料理レシピ
好奇心の窓 Shop
本、DVD、CDとビデオの窓
@ 六法の書籍紹介
A 法律入門
B 憲法の書籍紹介
C 民法の書籍紹介
D 刑法の書籍紹介
E 商法(会社法)の書籍紹介
F 労働法
G 経済、経営、ビジネスの書籍紹介
H 小説
I アニメ(漫画)
J DVD(映画)
K DVD
L 写真
M アイドル
N デッサン・スケッチ
O 画集
P 釣り











inserted by FC2 system