メバル釣り入門(電気ウキ釣り編)では、メバルの電気ウキ釣りのポイントを紹介しています。メバル釣りは、三河湾の最奥地では、夜釣りが中心になり、主に脈釣りと電気ウキ釣りが中心になります。メバルの脈釣りと電気ウキ釣りでは、釣り方と仕掛けが違ってきますので、ここでは、メバルの電気ウキ釣りの方法を説明していきます。

メバル釣り入門
(電気ウキ釣り編)


 三河湾の最奥地では、メバル釣りは、主に夜釣りが中心になります。そして、メバルの夜釣りでは、脈釣りと電気ウキを使用したウキ釣り、ワーム等を使用したルワー釣りに分かれますが、ここでは、電気ウキ釣りのポイントを説明します。

 (メバルの脈釣りについては、メバル釣り入門(竿釣り編)を参照してください。

 また、4月の終わりから6月にかけては、穴釣りでもメバルが釣れ出しますので、メバル釣り入門(穴釣り編)も参照していください。


関連ページ
  

メバルの電気ウキ釣りについて

1.  メバルのデンキウキ釣り(ウキフカセ釣りとも言います。)は、基本的にはウキの動きに合わせて釣る方法です。

 初心者の方に向いています。また、ポイントが遠くて竿では届かない場合にいるメバルをねらう時に、特に有効な釣り方です。

 以下に、電気ウキ釣りの仕掛けや釣り方のポイントを紹介してい行きます。

 
2.

メバルの電気ウキ釣りの仕掛けについて

 メバルを電気ウキで釣る時に使用する電気ウキは、大きき分けると二つに分かれます。
つまり、固定ウキと誘導ウキに分かれます。 

固定ウキ



①道糸に固定ウキをウキゴムで固定します。

②サルカンで道糸とハリスを繋ぎます。

③ハリから5cmから10cmの位置におもりをかませます。
 この時、ウキが立つように、ウキのサイズにあった重さのおもりをつけます。

④虫餌を針につけるときは、図のようにハリから少し餌がたれるようにします。
 餌をケチって短くしすぎますと食いが落ちてしまいます。

⑤餌に、エビなどを使用するときには、なるべく餌が動きやすいようにチョンガケがいいと思います。

⑥固定ウキのメリット
  a.仕掛けが簡単で初心者でも扱いやすい。

  b.仕掛けが簡単なため、その分トラブルが少ない。

  c.ウキを引きながらメバルを誘いやすい。

⑦固定ウキのデメリット
  a.ウキ下をあまり深くできない。

⑧メバル釣りでは、メバルの繊細な当たりをつかむことが釣果に大きく影響を及ぼしますので、固定ウキは敏感で見やすいものが良いと思います。

 そこで、棒ウキが繊細な当たりにも反応しますし、また、見やすいので適していると思います。ただ、棒ウキもいろいろなサイズがありますので、いろいろなサイズのものを用意して、釣り場にあったものを使用するようにするとよいと思います。

 ただ、基本は、なるべく小さいものがよいと思います。

  以上のことからもわかるように、固定ウキは大きいサイズから小さいものまで複数用意した方が良いと思います。


誘導ウキ



①道糸にウキ止めをつけます。誘導ウキなので、このウキ止めをしないとどんどん道糸が沈んでしまい、ウキも立ちません。

②誘導ウキを道糸に通します。

③からまんぼうをつけます。ウキと他の仕掛けが絡まないようにするためです。
 ただ、人によってはつけない人もいます。

④サルカンで道糸とハリスを繋げます。

⑤ハリから5cmから10cmほどのところにおもりをつけます。

⑥虫餌を針につけるときは、図のようにハリから少し餌がたれるようにします。
 餌をケチって短くしすぎますと食いが落ちてしまいます。

⑦餌に、エビなどを使用するときには、なるべく餌が動きやすいようにチョンガケがいいと思います。

⑧誘導ウキのメリット
  a.ウキ下を深くでき、深い棚も探ることができる。

  b.遠投しやすいので、遠くのポイントも探ることができる。

⑨誘導ウキのデメリット
  a.仕掛けが複雑で、初心者には向いていません。

  b.仕掛けが絡まりやすい。

⑩メバル釣りでは、メバルの繊細な当たりをつかむことが釣果に大きく影響を及ぼしますので、誘導ウキは敏感で見やすいものが良いと思います。

 そこで、棒ウキが繊細な当たりにも反応しますし、また、見やすいので適していると思います。

 誘導ウキの場合は、遠投するときには、大きい方が遠くに飛ばしやすいですし、また、ウキの変化が見やすいので大きめを使用したほうがよいと思います。

 また、手前で釣るときは、小さめであたりに敏感に反応するものが良いと思います。

 以上のことからもわかるように、誘導ウキは大きいサイズから小さいものまで複数用意した方が良いと思います。



3.

メバルを釣る時のポイント(狙い場所)

メバルのいない所で、いくらメバルを釣ろうとしても釣れませんね。では、メバルはどのようなところを、ねらって釣れば良いかというと、以下のようなところを狙うとよいと思います。

①海藻生えているところに、メバルはよく付いているのでその周辺に仕掛けを落としてゆっくりと海藻に近づけるとよいです。

②岩礁の周辺にも、メバルがついていますので階層の時と同じようにせめて行くとよいと思います。

③駆け上がりにも、メバルはついていますので、狙い目です。

④堤防の先端など、潮通しの良いところも、メバル釣りには良いです。

⑤堤防の縁にも、メバルが付いていることが多いので、堤防の縁に沿ってウキを流すのも良いと思います。

⑥明かりがついている所にも、メバルがついていますので、少し、沖からゆっくりと流してくるのがよいと思います。

⑦暗くなって来ると、以外に浅いところまでメバルはあがってくることがありますので、水深があまりないところでも、岩や藻があるところで釣っても意外に釣果が上がることもあります。

4.

メバルを釣る時の誘い方

①メバルを釣る時は、ただ、ウキを水面に浮かべているだけでは、食いが良い時以外は、釣果があまり上がりません。そこで、1回から2回少しづつ定期的に引っ張りながら釣ると釣果が上がります。

 電気ウキを引っ張ると水中の餌がその分動きますので、それが誘いになってメバルが餌にアタックして来るのでしょう。特に、食いが渋いときほど効果があると思います。

5.

メバル釣りの針について

 メバル釣りの針については、メバル針かチンタメバル針の7号~10号を使用します。その時の釣れるメバルのサイズやメバルの活性の高さにより針のサイズを変えてみるのも良いと思います。

 なお、針にハリスを結ぶのは釣りに行く前に事前に結んでおいた方が良いと思います。

 手で結びができない人はハピソン(Hapyson) 乾電池式薄型針結び器 スリム YH-715P が便利です。


6.

メバルを釣る時のハリスについて

 メバルを釣る時のハリスについては、私は0.8号から1.5号を使用します。ハリスの太さを決める基準は、釣り場状況や使用する竿のよって決めます。

 ハリスの太さについては、釣り場の状況にあわせて根やテトラで切られやすい場所や大きなメバルが釣れるところでは、1号か1.5号を使用します。

 反対に、根やテトラがあまりなくハリスが切られるおそれの少ないところやメバルのサイズが小さいところでは0.8号を使用します。また、のべ竿で穂先の径が細い時にも、0.8号を使用します。

道糸とハリスをつなげるには、チワワ結びが便利です。
7.

メバルを釣る時の道糸について

 メバルのデンキウキ釣りの道糸については、まず、竿のメーカーが推奨している号数以内にすることが重要です。推奨している以上に太い号数の道糸を使用すると竿を傷める原因になります。

 それに、通常のメバルなら、1.5号~2.5号の道糸で十分対応できると思いますよ。また、最近は、強度の高い糸も売り出されていますので、そういう糸を使用するのも良いかもしれませんね。

8.

メバル釣りの餌について

 メバル釣りの餌については、釣り場によって違います。なぜかというと普段その釣り場のメバルが食べ慣れている餌に近い餌によく当たりがあります。

 ただ、一般的には、青虫、石ごかい、海老で対処できるところがほとんどです。


9.

メバル釣りの竿(ロット)について

 メバルのデンキウキ釣りの竿については、磯竿が向いています。(のべ竿やUガイド竿でも良いですが、ただ、その場合は遠くに飛ばせません。) 竿先は柔らかめの方が釣りやすいですが、胴はしっかりした竿の方が釣りやすいです。

 私が良いと思う竿を列挙してみました。なお、竿の長さですが、ウキ釣りの場合ある程度、沖に投げることができますので、4.5mから5.3mの長さでほとんどの所をカバーできると思われます。ただ、まれに高い岩礁やテトラ帯では、6.1mぐらいの長竿が必要になる場合があります。
磯竿(ガイド竿)

(特にお勧めの度合いによりを1つから3つに分類します。三つが最高となります。)

シマノ(SHIMANO) ランドメイト 1.5-450 ☆☆☆ 宇崎日新(UZAKI NISSIN) プロステージ ナンバーISO 1号 5306

☆☆
ダイワ 飛竜チヌ 0号-53・F
iconダイワ(Daiwa)うず潮 チヌ 1号-44 icon

シマノ(SHIMANO) 極翔 磯 0.8-530
シマノ(SHIMANO) エアノス RADIX 1号 500

シマノ(SHIMANO) アドバンス ライト 1-530 icon

シマノ(SHIMANO)アドバンス ライト 0.6-450

10.

メバル釣りのリールについて

 メバルのデンキウキ釣りのリールにつては、なるべく小型で軽い物が疲れなくて良いと思います。
リール
ダイワ(Daiwa) クレスト 1500 ☆☆
ダイワ レガリス Daiwa Legalis スピニングリール LEG1500SH 【並行輸入品】


ダイワ(Daiwa) LEGALIS 2500 ☆☆☆
シマノ(SHIMANO) ソアレ BB1000S


☆☆
iconシマノ(SHIMANO) '11エルフ C2000S
アブガルシア(Abu Garcia) アンバサダー Revo(レボ) NEOS 2000S icon


11.

メバル釣りの電気ウキについて

 メバルのデンキウキ釣りのデンキウキにつては、できるだけ見やすい物を使用しましょう。ただ、大きすぎると浮力がありすぎますのでメバルの食いが悪くなったり、感度が落ちて微妙な当たりが取りづらくなってしまいます。

一方、ある程度、遠投する場合は、大きなウキでないと、見にくいですし、遠くに飛ばしづらいですので、大きめのウキを使用した方が良いですね。   

 なお、下記のからしウキは、餌とおもりの重さでゆっくりと沈めて色々な棚を探ることができます。

電気ウキ

冨士灯器 超高輝度電気ウキ FF-3号 ハピソン(Hapyson) 高輝度磯ウキ YF-802F

富士灯器 メバルスペシャル 3B icon
富士灯器 メバルスペシャル 5B icon
ヒロミ産業 e-波止 icon


12.

メバル釣りの電気ウキの当りの見方について

 メバルのデンキウキ釣りの当たりについては、メバルが餌を食うとデンキウキがスーと水中に引き込まれていきます。

 この時、合わせが早すぎると針にかかりませんし、逆に遅すぎると根に入られてしまいますので、その場所にあった間合いを色々と試してみることが必要ですね。

 私の場合は、基本的には、ウキが沈み始めてから一呼吸置いてから合わせます。ただ、その時のメバルの活性の状況や海底の根の状況で微妙にタイミングが違いますのでケースバイケースで調整することが必要になってきます。

釣りに行く時に持っていくと便利な物

1. ライフジャケット(ベスト)
(釣りに行く時は必ず着用しましょう。ある意味、ライフジャケットの着用は釣りのエチケットと言えます
。)


お買得品 格安! フローティングベスト FV-6001ブルー×ブラック 【ライフジャケット】

[大人用]REEFTOURER[リーフツアラー]スノーケリングベスト[ライフジャケット]SV-1600 Mサイズ

Takashina(高階救命器具) Blue Stormインフレータブルライフジャケット(自動膨脹式) フリー レッド


STEARNS(スターンズ) パナーキリブベストS/M ブラストイエロー

フィールフリー ライフジャケット(ビッグフリー) ブラック×オレンジ

パズデザイン SLV-012 PSLライフジャケット(自動膨張式) BK RE/F

ヤマシタ(YAMASHITA) YLJ02 ライフジャケット ベルトタイプ R




2. ヘットライト(LEDライトは電池が長持ちします。)

  ヘットライト
  (印は、私のお勧めの品です)
パナソニック(Panasonic)リチウムLED3WAYライト icon GENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 【明るさ45ルーメン/実用点灯8時間】 GTR-931H


3. クーラー
 クーラーは、人により大型を好む人と小型を好む人に別れます。大型を好む人はクーラーの中に色々と小物を一式詰め込んで何かと便利に使っている人です。また、私のように釣り場をこまめに移動しながら釣るタイプは小型の物が移動しやすくて便利です。要は各自の釣り方に合う物を準備すればよいと言うことです。

   クーラー
    (☆印は、私のお勧めのクーラーです)
シマノ(SHIMANO) スペーザ ライト 130 LC-013J ブルーホワイト ダイワ(Daiwa) クールラインII GU GU2600

4. 靴底がすべりにくい靴
スパイクブーツ SP-1001 V ROCK ラジアルブーツ 釣り用 長靴

5. はさみ
6. ゴミ袋(ゴミは必ず持ち帰りましょう。)



好奇心の窓
(トップページ)
資格試験の窓
アイラブフィッシング
(釣り入門)
雑学の窓
本、DVD、CDとビデオの窓
趣味の窓
サブカルチャーの窓
好奇心の窓 Shop
アイラブフィッシング(釣り入門)
メバル釣り入門(竿釣り編)
メバル釣り入門
(電気ウキ釣り編)
メバル釣り入門
(穴釣り編)
根魚釣り入門
(穴釣り編)
ハゼ釣り入門
(チョイ投げ編)
ハゼ釣り入門
(竿釣り編)
アイナメのぶっこみ
(投げ)釣り入門
釣り用品一覧表
チワワ結びの結び方
のべ竿に道糸を結びつける方法
クロダイ釣り入門
クロダイ釣り入門(穴釣り編)
クロダイ釣り入門(前打ち編)
潮干狩りに行こう


下記はネットで釣り具を販売しているサイトです。
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム


当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品をご紹介させていただいております。

アファリエイトプログラムについての詳細はこちらです。
inserted by FC2 system