社会保険労務士試験合格への窓
 資格試験の窓【社会保険労務士編】では、社会保険労務士試験の試験科目等の資格試験内容・試験の勉強方法及び合格後の仕事内容等を掲載しておりますので、社会保険労務士試験に挑戦しようとしている受験生の方に参考になれば幸いです。


社会保険労務士の業務内容及び独立性

@ 社会保険労務士は「勤務社会保険労務士」「開業社会保険労務士」に分けることができます。勤務社会保険労務士は会社に勤めたまま登録をした人で、実際にはそのまま会社員として仕事をしていく人です。開業社会保険労務士は文字通り独立開業して仕事をする人です。ここの項目では、開業社会保険労務士について掲載していきます。
A 仕事内容は、A「請書の作成・提出手続き代行」とB「事業所に備えつける帳簿書類の作成」とC「労働管理全般のコンサルティング業務」です。

A.請書の作成・提出手続き代行
 労働社会保険諸法令に基づき、行政機関に提出するさまざまな届出書や申請書等の書類の作成や提出の代行を行います。

B.事業所に備えつける帳簿書類の作成
 労働社会保険諸法令によって事業所内に備えつけることが義務づけられている帳簿書類の作成を行います。

C労働管理全般のコンサルティング業務
 賃金管理や人事考課、労働時間、職場の安全・衛生管理等の労務管理全般について、適切な指導やアドバイス

B 独立性
独立せずに会社勤めの人と開業して独立する人に分かれます。なお、独立している人は、行政書士や税理士等の他士業を兼業する人もいます。

社会保険労務士試験の内容


試験日

平成23年8月28日(日曜日)


試験科目

適用法令は、平成23年4月8日現在施行のものとします。

試験科目 選択式
計8科目
(配点)
択一式
計7科目
(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法 1問(5点) 10問(10点)
労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。) 1問(5点) 10問(10点)
雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。) 1問(5点) 10問(10点)
労働管理その他の労働に関する一般常識 1問(5点) 10問(10点)
社会保険に関する一般常識 1問(5点)
健康保険法 1問(5点) 10問(10点)
厚生年金保険法 1問(5点) 10問(10点)
国民年金法 1問(5点) 10問(10点)
8問(40点) 70問(70点)

 択一試験の試験科目のうち「労働者災害補償保険法」及び「雇用保険法」の試験科目は、それぞれの問題10問のうち3問が「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」から出題されます。

 選択式試験の試験科目のうち「労働者災害補償保険法」及び「雇用保険法」の試験科目は「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」からの出題はありません。

合格基準

 合格基準点は、選択式試験及び択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定めます。各成績のいずれかが合格基準点に達しない場合は不合格となります。


社会保険労務士試験の合格率


平成22年度  8.6%


社会保険労務士試験の勉強方法


 皆さんは、各自性格や勉強環境が違うと思いますので、自分にあった勉強方法で合格を目指して勉強してください。

 ただし、受験勉強期間は長期に渡ると思いますので、途中で挫折しないように強い意志を持って勉強してください。

 なお、以下の勉強方法は、私が良いと思う勉強方法ですので、皆さんの勉強に参考になれば幸いです。
 
1.  よく、基本書ばかり読んでいて、過去問の問題集になかなか取り組まない人がいますが、初めは出来なくても良いので過去問題を説いてみることが重要です。

 過去問で問われた論点が型を変えて出題されることが間々あります。また、試験で問われる範囲がおぼろげながらわかってきます。(まず、敵を知ることが重要です。)

 また、自分の苦手な面も同時に分かります。(己の知り、己の弱点を知ることも重要です。)

 問題集はなるべく回答の解説が丁寧に書かれている物が良いです。その解説を読むことで理解が深まりますし、詳しい知識も身に付きます。

 まず、始めに1回基本書をざーと読み、2回目は、1つの単元が終わるとその都度その単元に相当する箇所の過去問題を解いて知識を深めていくと理解が深まります。

 そして、それを繰り返すうちに基本書重視から問題集重視に移行していきます。

 過去問を何度か解いたら予想問題集に挑戦するのもよいと思われます。

 また、社会保険労務士試験の場合、法令の改正がよく行われますので、改正点はきちんと把握しておく必要があります。

2.  よく勉強する時間が取れないと不満を言う人がいますが、一日のうち10分とか20分とか細切れの時間は、以外にあるものです。そのような細切れの時間を有効に活用して勉強すると以外に効率的です。

 そのために、基本書や問題集を単元ごとにばらして鞄にいつも入れておくとちょっと空いた時間に勉強ができます。

3. 勉強方法としては、主に次のABCの3つの方法に分かれると思いますので、それぞれに分けて説明します。

A.資格試験ようの学校に行く。

 学校にいくメリットとしては、勉強を勧めていくペースが自分1人ではなかなか難しいのですが、学校のカリキュラム沿って授業が進むのでペースがつかみやすいこと、また、分からないところがあればその場で直接講師に理解できるまで質問でき、勉強が非常にはかどります。

 デメリットとしては、学費や通学のための交通費がかかること、また、遠隔地に学校がある場合は通学時間に時間が取られる場合があります。また、地方などでは学校自体がありませんので行きたくてもいけない場合があります。
 
 各学校によりそれぞれの特徴がありますので、自分にあう学校を選ぶためにも、事前に各学校の資料を取り寄せて自分にあう学校を選ぶことが良いと思います。

B.通信教育を受講して自宅で勉強する。

 通信教育のメリットは、自宅でマイペースに自分の都合の良い時間に勉強できるので、仕事をもっていて決まった勉強時間が取りにくい人や地方に住んでいる人に向いています。 

 受験勉強は長期間にわたって勉強を継続しなければなりませんので、どうしても勉強のペースが取れなくて挫折しそうになるからです。

 そこで、通信教材が送られてくるごとに勉強を進めていけば勉強のペースもつかみやすく、また、1日のうちで空いた時間に勉強ができるので忙しい人に向いているからです。

 デメリットとしては、学費がかかることです。

 各通信教育によりそれぞれの特徴がありますので、自分にあう通信教育講座を選ぶためにも、事前に各通信教育の資料を取り寄せて自分にあったものを検討するのが良いと思います。

C.独学で自宅で勉強する。

 独学のメリットは、基本書・六法・問題集等の本を揃えるだけで良いので費用が安くてすむ点や、自分のペースで都合の良い時間に自分の気に入った本を使用して勉強できることです。
 また、実際、独学で合格している人もいます。

 デメリットとしては、しっかりとした合格への強い目標を持っていないと長い受験勉強のつらさに負けて途中で挫折してしまうことと、客観的な判断ができずに勉強内容が偏ってしまいがちになることです。また、受験に関しての情報が手に入れにくい点もあります。

 独学のデメリットを補うためにはまず、過去問題や予想問題を頻繁に解き、自分の弱点を客観的に見つめることが重要です。


 これは、私の個人的な意見ですが、資格試験の受験勉強方法では、受験用の学校か通信教育を利用するのが、無難ではないかと思います。

社会保険労務士試験の受験用予備校

  社会保険労務士試験合格サイト 東京法経学院

 東京法経学院は、社会保険労務士受験のために、通学用と通信教育用の講座を開いている学校です。

 また、社会保険労務士試験受験用のテキストと問題集を販売しています。

 東京法経学院は、法律関係の資格試験受験用の講座を開いており、社会保険労務士以外にも司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者、測量士補、土地家屋調査士、マンション管理士の受験用の講座を開設しています。

  LEC東京リーガルマインド


 LEC東京リーガルマインドは、社会保険労務士受験のための通学用と通信教育用の講座を開設してる学校です。  

 LEC東京リーガルマインドは、社会保険労務士の受験用口座の他に、司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者等の受験用口座を開設しています。


ユーキャンの社会保険労務士講座
「ヒューマンアカデミー」


社会保険労務士試験のテキスト及び問題集

@LECのテキストと問題集

2011年版 出る順社労士 必修基本書 (出る順社労士シリーズ)

2011年版 出る順社労士 ウォーク問 過去問題集 (出る順社労士シリーズ)


2011年版 出る順社労士 ウォーク問 選択式マスター (出る順社労士シリーズ)

2011年版 出る順社労士 ウォーク問 一問一答カード@労働編 (出る順社労士シリーズ)


2011年版 出る順社労士 ウォーク問 一問一答カードA社会保険編 (出る順社労士シリーズ)



Aユーキャンのテキストと問題集

2011年版U-CANの社労士速習レッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ)

2011年版U-CANの社労士過去&予想問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)


2011年版 U-CANの社労士 これだけ!一問一答集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)




A週刊住宅新聞社のテキストと問題集

2011年版 うかるぞ社労士

2011年版 うかるぞ社労士 5年間過去問[項目別]


2011年版 うかるぞ社労士 予想問題集[択一式&選択式]

2011年版 まる覚え社労士


2011年版 うかるぞ社労士SRゼミ 改正法・白書講座


2011年版 うかるぞ社労士SRゼミ 直前模擬試験 (受験者のための社労士BOOK)

2011年版 まる覚え社労士 ○×式直前チェック (うかるぞ社労士シリーズ)

2011年版 うかるぞ社労士SRゼミ 一般常識対策講座 (受験者のための社労士BOOK 59)


2011年版 うかるぞ社労士 横断編


2011年版 まる覚え社労士 選択式完全チェック (うかるぞ社労士シリーズ)


2011年版 うかるぞ社労士 一問一答



@東京法経学院のテキストと問題集

  2010年版 社労士合格テキスト 労働・労働保険編

  2010年版社労士合格テキスト 社会保険編

  2010年版 社労士過去問マスター1 労働・労働保険編

  2010年版 社労士過去問マスター2 社会保険編

社会保険労務士資格と一緒に取っておくと良い資格


行政書士
宅地建物取引主任者
税理士

好奇心の窓
(トップページ)
知識の窓
資格試験の窓
@ 行政書士
A 司法書士
B 宅地建物取引主任者
C 社会保険労務士
本、DVD、CDとビデオの窓
@ 法律入門
A 憲法の書籍紹介
B 民法の書籍紹介
C 商法(会社法)の書籍紹介
D 労働法
E 自己啓発(能力開発)
F 小説
G アニメ(漫画)
H DVD(映画)
I 写真
J アイドル
K デッサン・スケッチ
L 画集
M 釣り
趣味とレジャーの窓
雑学の窓
好奇心の窓 Shop


下記学校・通信教育講座を紹介します。なお、資料請求もできます。
社会保険労務士試験合格サイト 東京法経学院

「ヒューマンアカデミー」

ユーキャンの社会保険労務士講座








ホームページ


 当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品をご紹介させていただいております。

アファリエイトプログラムについての詳細はこちらです。
inserted by FC2 system